100歳大学 今までの歩み

100歳大学のあゆみ

発足時2017年9月15日から現在まで

2022年

四日市では市民大学Aコースで文化会館第3ホール、7回講座開催。定員70人。4か年連続。
3地区市民センターで試験的に講座を開催予定。

津市では教育委員会と共催で2年目12回講座が中央公民館(定員40名)及び南ヶ丘会館(定員40人)の2会場で開催。

鈴鹿市では、公益財団法人地域社会振興財団人生100年時代づくり事業として、2会場(ふれあいホール及び牧田会館)22回講座を予定。

鈴鹿市西玉垣西寿会(会長:中田悌夫・老人会)が補助金を受け100歳大学は支援。

三重県で3市・8会場で合計47講座を予定。

2021年

四日市では市民大学Aコースで文化会館第3ホール、7回講座開催。定員50人。3か年連続。

津市で初めて教育委員会と共催6回講座を中央公民館にて。定員30人。

鈴鹿市では、公益財団法人地域社会振興財団地域社会づくり・ソフト事業、第17回講座が開催。
鈴鹿市西玉垣西寿会(会長:中田悌夫・老人会)が補助金を受け100歳大学は支援。

三重県では3市・3会場で合計30講座を開催、参加者は合計130名

2020年

四日市市民大学は、委託事業2年目になり7回講座を開く。

鈴鹿で初めて「三重県生涯学習社会づくり事業の助成金」を得て8回講座を開く。

また、初めて「鈴鹿市まちづくり応援補助金」をえて6回講座を開く。合計21回の講座を開く。

(四日市は7回、鈴鹿は14回、合計21回)

2019年

「四日市市市民大学のCコース」として、文化振興課の委託事業になる初めて7回講座を開設。

「ハッピ―アカデミー」と100歳大学の名前の統一。

名称変更「一般社団法人100歳大学」(2019,2,4。津法務局登録)

2018年

3月にホームページを立ち上げ、講座や研修を公開した。

①公開100歳大学懇談会(18.4,25)

②「設立準備ワークショップin鳥羽」(18,8,28-29)

内部の意思疎通を図る研修も行う。広く広報する無料公開講座などを開く。

③長岡市市議団来訪(2018年11月6日)

④7回の無料公開講座(四日市市)

⑤9回の無料公開講座(鈴鹿市)

⑥4回の「心身機能特別セミナー」。

⑦「NPOハーテイ」と交流(大阪市、19,6,9)

⑧岐阜の「お祭り楽団」と交流(19,8,6)を行った。

2017年

9月15日 「一般社団法人ハッピーアカデミー」が設立される。


100歳大学の新たなビジョン

100歳大学の新たなビジョン


人生100歳時代・・・・100歳大学は シニア世代が明るく元気に生き抜くための大学です。


新着記事
17th 異業種交流展示会 ナゴヤメッセ2022に出展します

こんなことが学べます!

体つくりのための栄養のとり方

病気の予防法

生きがいつくり

社会貢献についての学習

介護についての学習

世界を知る

人生経験交流

農業体験

料理教室

スマホのつかい方教室

身体表現についての学習


特別活動

旅行・遠足

合唱祭・カラオケ

運動会・スキー

演劇(ミュージカル等を含む)

 

大学要綱はこちらから